vol.9「オーバースマイル」


―あの子は不安なんだ。
だから不自然な程、オーバーに笑う―

企画演劇集団ボクラ団義vol.9

「オーバースマイル」

作・演出 久保田唱

【東京公演】
第23回池袋演劇祭参加公演
2011/8/31(水)~9/4(日)
8/31(水)13:30/19:00
9/1(木) (休演)/19:00
9/2(金)13:30/19:00
9/3(土)13:00/18:30
9/4(日)13:00/17:00

池袋シアターグリーン Box in Box THEATER
(池袋駅より徒歩6分)

【大阪公演】
2011/9/16(金)~17(日)
9/16(金) (休演)/19:00
9/17(土)13:00/18:30
9/18(日)13:00/17:00
in→dependent theatre 2nd
(大阪地下鉄堺筋線恵美須町駅徒歩5分)

〈チケット〉

[東京・大阪とも]
前売 3000円
当日 3500円

〈キャスト〉

[ボクラ団義]
沖野晃司
大神拓哉
平山空
竹花久美
春原優子
糸永徹
添田翔太
福田智行
内田智太
福丸綾乃
高橋雄一
山田健太郎
竹石悟朗
大音文子

[guest]
足立梨花(ホリプロ)
真凛(ホリプロ)
齋藤彩夏(ヴォーカル)
大野清志
野元愛(アイドリング!!!24号/ホリプロ)
中村宜広
當銀祥恵

〈スタッフ〉

作・演出 久保田唱
舞台監督 海老沢栄
舞台監督補 鴎佐和志孝
照明 萩原賢一郎(アルティプラノ)
照明op. 野口梨紗(アルティプラノ)
音響 岡村崇梓
殺陣サンプリング 関秀明
映像 神林裕介
収録 森孝幸・有路由利恵・森慶太
振付 沖野晃司・山崎余市・春原優子
殺陣指導 沖野晃司
衣装 Sky
装置 桜井和弘
装置助手 中野光
小道具 ZENIYA
楽曲提供 Rose in many Colors
宣伝美術 MAI(株式会社ワンダー・グラフィックス)
フライヤー撮影 小林航平
当日制作 狩野正仁(TEAM#BISCO)
ロゴデザイン MAI(株式会社ワンダー・グラフィックス)
Webデザイン ハローワークス
制作 FAKO-bokura

企画・製作 ボクラ団義

〈協力〉

サムライプロモーション
株式会社ホリプロ
ヴォーカル株式会社
株式会社ワンダー・グラフィックス
ロングランプランニング株式会社
CoRich
山田家
多酒多菜 昔ばなし
歌広場新宿南口本館店
前田実枝子(手話通訳士)
まさこ
水居多華
松嶋沙耶花
福丸真衣子
tsunokuni gatinhas
nao
東京都聴覚障害者連盟
(順不同・敬称略)

〈あらすじ〉

2011年、日本。とある街の、とある横断歩道。渡る一組の、とある若い男女。ごく普通の日常を過ごす彼らに、とある外国人老男性が話しかけた。

「彼女、モシカシテ耳聞コエマセンカ?」

その外国人の老人が彼らに話し始める物語は、その老人の若い頃の話。若い男女が日常を過ごすその地で起きたという、とてもとても悲しい話。彼らの過ごすその地で起きたと言うのに、見たことも、聞いたこともない、どこの国ともわからぬ話。

その地には戦いが絶えなかった。「赤」「青」「緑」それぞれの国は必ずいずれか一色のカラーをシンボルとして戦っていた。
その中に、どの国にも属そうとしない白い少女がいた。とある一人の、耳が聞こえない少女。

彼女は戦いを嫌った。
彼女はいつも、オーバーなほど笑顔だった。
そして彼女にはある一つの、不思議な能力があった。

少女の想いとは裏腹に、その少女の能力を巡って、色達はまた争い合った…

ボクラ団義第九弾は、ボクラ団義流パラレルワールド!!

争い合う三色の国々。戦いの果てに待つものは?
老人が物語を話す目的とは?少女の顔から笑顔が消えたとき、国に起こった悲劇とは?

ボクラ団義が豪華ゲストを迎えて送る!ダンスあり、殺陣アクション満載の、超エンターテイメント舞台劇!!

特設サイト

関連記事

  1. – Play Again – vol.4「ゴーストライターズ!!」

  2. vol.13「虹色の涙 鋼色の月」

  3. vol.1「re:call」

  4. vol.11「忍ぶ阿呆に 死ぬ阿呆」

  5. vol.2「and After」

  6. vol.12「さよならの唄」

  7. –Play Again- vol.5「忍ブ阿呆二 死ヌ阿呆」

  8. 番外公演「誤人(ごにん)」

  9. vol.4「わラワレ!」


  1. 「ぼくらの90分間戦争」ダイレクトメール特典映像!!
  2. 『シカク』 TSUTAYA TV・VIDEXにて配信スタート!!!

劇団員紹介!

PAGE TOP